• このエントリーをはてなブックマークに追加

土地活用におけるアパート経営、空き部屋対策

土地活用にはさまざまな種類がありますが、その中でも比較的初期投資費用が少なく安定した収入が得られるものがアパート経営です。アパートのメリットは初期投資に掛かる費用が低いことで安定した収入を得ることができるということです。マンションのように初期投資に掛かる費用が高い場合には長期間にわたって投資した資金を回収する必要がありますが、アパートではその期間が短いことも利点です。また木造や軽量鉄骨造で、2階程度の建物ですので、撤去費用も多く必要としません。 一方で誰かに貸し付ける投資では、誰かが利用してくれることにより収入を得ることが可能になります。このためアパートにしてもマンションにしても空き部屋対策が重要になりますし、空室率を下げることにより安定した収入を確保することができます。

アパート経営に必要な費用とはじめる際のポイント

土地活用としてアパート経営を始めるためには入念な準備が必要です。理由としては需要がない場所に建てても利用者を確保することが困難なためです。また実際に建物を建てる費用など投資した金額に見合うだけの採算性があるのかを調べておく必要があります。 はじめるための費用としては、建物の規模によって変わってきます。部屋数が多く階層があるほど1部屋あたりの建設コストは下がりますが、トータルでの費用が高くなります。標準的な10室で2階建ての建物の場合には本体だけで4,000万円程度の費用が必要です。実際には外構や法律の手続きなどでプラス1,000万円は見ておく必要があり、5,000万円は必要です。金銭的な余裕があれば、すべてを自己資金で行うことも可能ですが、出来れば金融機関から融資を受けて行う方が銀行側からの目でそのアパートが成功するかどうかを判断してくれるといったメリットもあります。

空き部屋対策をする必要性とその方法

アパートにしてもマンションにしても経営をスタートすると頭を悩ませるのが空き部屋率が増えることです。集合住宅の経営では複数の部屋があることで空室率の急激な低下を防ぐことができるメリットがありますが、その原因を放置することは将来的な収入の減少に繋がります。特に採算ラインを切ると資金の持ち出しとなるので、対策は重要です。 やるべきことは、まずは空室になる理由を知ることです。アパートの条件が周辺のアパートと同等またはそれよりも良いにも関わらず空室が増えるといった場合には募集の宣伝に問題あることや居住者間のトラブルなどが考えられます。宣伝は積極的な見直しや不動産会社を変えるといったことや、トラブルは管理会社を通じて積極的に解決することが重要です。 また他のアパートよりも条件が悪い場合には、家賃の値下げなどを考える必要がありますし募集条件の緩和や見直しも必要です。これら経営者としての義務を果たせば投資に見合っただけの十分なリターンを得ることができます。

ピックアップ記事

入居率がポイント!土地活用のためのアパート経営

アパート経営を営み、遊休地の有効活用を考える方も多いことでしょう。安定した収益を得ていくことが出来る、アパート、マンション経営を進めるには、物件選びも大切ですが、入居率について考えることも大切です。入...

土地活用におけるアパート経営、空き部屋対策

土地活用にはさまざまな種類がありますが、その中でも比較的初期投資費用が少なく安定した収入が得られるものがアパート経営です。アパートのメリットは初期投資に掛かる費用が低いことで安定した収入を得ることがで...